「諦めない気持ちと最端製図。」  MASA

 

昨年度2級初のRC3階建てで初受検。

2F部分がやたらと楽に収まり変だなあと思いながら室名を記入していると

「納戸」が欠落していることに気づきそこからパニック。

「もう間に合わない」「この1年が終わった〜〜」と叫ぶ自分と「諦めるな」「大丈夫できるさ」と励ます自分が混在する中

「土俵」に上がる為の準備(未完成回避)ができて、こっこれで希望がつなげる。

よく諦めず頑張った。と自分をほめながら帰宅。

もうヘロヘロの状態ではあったが、希望がつなげたせいで再現図を描けれるように準備。

何度も計算し 200 uを住宅部が超えないことを確認するも、落ち着いて見ると戸、戸の位置が・・

結局、ランク V の不合格。

 

やれるだけやった気がしていただけに次、受験を断念するか・・・と思いながら月日は流れ初夢をみる。

三度寝ぐらいしてたら

カブトムシをみる。(解釈)諦めていたことにチャレンジするべし

火事をみる。(解釈)幸運

そして、初詣でおみくじをひく

努力すれば必ず報われる       

すべてが、リベンジせよ!と物語っています。

ここまできたらやるしかない。

最端製図へ早速申し込む。最端は最短。

早速、かんな先生から励ましと今年は受かってもらいますよの言葉が。

厳しく行きますから。・・・でも、あまり厳しくなかった。

それどころか最後のあたりでは「大丈夫です」の文字が。


基本的に質問の返信はその日のうちにきます。

下手すれば、ちょっとしたチャットみたいな速さで返信されてきます。

「聞きたい時にすぐ聞ける」最端製図の最大の魅力であり武器だと思います。

そして、同じ質問でない限り、親切に答えてくれます。今更聞きにくいようなことでも。

また、へこんだ時それとなくハゲちゃいけませんが励ましてくれます。

 

今年もミスしました。

1Fと2Fの通り芯が1Gズレていたのです。それは伏せ図で発覚しました。

またパニックです。ですが、1G、2Fを広げれば問題は解決できました。

描き直しです。時間と再び戦いです。そして終了。

帰宅時、伏せ図に「母屋」「束」を描き忘れたことに気づくも、去年よりやりきった感が強くふっきれてました。

そして、カルテでは一度もB判定を脱することが出来なかった「印象」(字を丁寧にとよく書かれる・・・ (  ̄ □||||!! )を、

伏せ図での描き漏れも立面での不整合をも跳ね除け桜が咲きました。

 

最端製図の先生方ありがとうございました。